recipe
レシピ

基本の塩豚レシピと塩豚のオーブン焼き~焼き野菜添え~

【フードコーディネーター】
秋山靖子
カテゴリ 野菜, 肉, 焼き物, ヘルシー 所要時間 50分 分量 4人分

豚バラ肉(ブロック)に塩を擦り込み冷蔵庫で保存すれば、簡単に基本の塩豚が完成します。 程よく水分が抜けた豚バラ肉は肉本来の旨みが増して濃厚な味わい。様々な料理に活用できるので大変便利です。 *塩は豚バラ肉の3%準備しましょう。(400gの豚バラならば12g、300gであれば9g) *塩を擦り込んだ翌日から召し上がれますが、3~5日ほど寝かせた方が塩がなじみうまみが増しおいしくなります。 *所要時間は作業時間のみで表記しています。(塩豚を冷蔵庫で寝かせる時間は含みません。オーブンの焼き時間は含んでいます。)

材料・分量

A/豚バラ肉(ブロック) 300g
A/塩 9g
キャベツ 1/2玉
じゃがいも 2個
オリーブオイル 大さじ2
トマト(くし形切り) 2個
豆苗 適宜

下準備・作り方

  1. 【塩豚をつくる】 豚バラ(ブロック)の重さの3%の塩を計量する。(材料A)
  2. 豚バラ肉全体に塩を擦り込む。 ラップをして一晩~5日ほど冷蔵庫で寝かせる。 【この状態で寝かした塩豚は様々な調理に使用できます。一例として<オーブン焼き>を紹介します。】
  3. 【塩豚のオーブン焼き~焼き野菜添え~】 【野菜の準備する】 じゃがいもは皮をむき大きめの乱切りにする。 キャベツは芯を残してくし形に切る。 圧力鍋にじゃがいも・キャベツと水(分量外100ccほど)を入れ加熱する。 ピンが上がったら火を止め、自然にピンが下がるまで放置する。(加圧時間は0分)
  4. 【塩豚を焼く】 オーブンの予熱を入れる。(180℃) 塩豚の余分な水気を拭き耐熱皿に乗せオーブンで焼く。(180℃のオーブンで45分~) *焼き時間は肉の大きさによる。竹串を刺して透明な液が上がるまで焼く。 *残り時間10分前後で様子を見る。きれいなきつね色の焼き色がつかないようならオーブンの温度を200℃~220℃に上げる。 焦げるようならアルミ箔をかぶせる。
  5. 【焼き野菜を焼く】 <工程03>で加熱したじゃがいもとキャベツを耐熱皿にそれぞれ並べ、オリーブオイルをまわしかける。 180℃~200℃のオーブンで焼き色がつくまで焼く。(じゃがいも10分前後・キャベツ5分ほど)
  6. 塩豚をスライスする。焼き野菜、トマトなどと共に皿に盛る。 *お好みでフレンチマスタードや柚子塩を添えてお召し上がりください。 (柚子塩:レシピをご参照ください。)

基本の塩豚レシピと塩豚のオーブン焼き~焼き野菜添え~

【フードコーディネーター】
秋山靖子からのワンポイントアドバイス

【塩豚のオーブン焼き】 *塩豚は塩気がきいているのでたっぷりの野菜と共に食べると良い。(濃い目の塩味が気になる方は肉を焼く前に水につけこみ塩抜きをすると良い。) *上記理由からじゃがいも・キャベツには塩はふらない。 *野菜もオーブンで焼くことで素材の甘みが感じられる。夏ならばなすやズッキーニなど季節の野菜と共に食べるのがオススメ。 *お好みでローズマリー・タイムなどのハーブと共に焼いてもおいしい。 *アレンジレシピとしてポトフも掲載しているので、ポトフもぜひ!作ってみてください。

このレシピをSNSでお友達に教えよう♪